これだけは受けとけ!おススメの社員研修

ビジネスマナーの基本・接遇研修

社員研修の中でも特に受けておいた方がいいと言われているのが、接遇研修です。
接遇とはいわゆるマナー研修のようなもので、敬語の使い方や電話対応など社会人としての基本的な言動や態度、立ち振る舞いに関しての研修となっています。特に受けた方がいいのが新人社員なのですが、ある程度業務に慣れてきた中堅の社員の中には接遇ができていない人たちも少なくありません。そのため改めてマナーを守らせるためにも、定期的に社員研修として導入するのがおすすめされているようです。
ちなみに接遇研修は外部から講師を招いて指導してもらうことも可能となっているので、あえて外部から講師を呼んで自分たちの接遇ができているのかどうかチェックするのも大切だとされています。

コミュニケーション研修やクレーム対応研修もおすすめ

ほかにもこれだけは受けておいた方がいいと考えられている研修としておすすめされているのがコミュニケーションに関連するものやクレーム対応に関連するものです。
コミュニケーション研修は顧客だけではなく上司や部下、同僚とのコミュニケーションを円滑に行うための技術を身に着ける研修であり、聞く力と伝える力を養います。特に対人スキルを重視している部署や業種にとっては必須のスキルとなっているので、重要視されている傾向がある研修の一つです。
またクレーム対応に関してはどのような業種でも近年重要視されていて、クレームから大きなトラブルに発展させないための対応や顧客に納得してもらうための対応を勉強できます。特に会社全体で信用を失わないために、受講を勧めるところも増えています。