中堅にこそ受けてほしい社員研修

慣れてきた中堅社員にこそ社員研修

会社に入ってある程度の年数が経つと、慣れや甘えが出てくることもあります。慣れてしまって仕事が流れ作業になってしまうと、効率の向上はあまり望めません。そのような中堅社員には社員研修を受けてもらうといいでしょう。研修の中で課題と成長するために必要なことをみつけてもらうのです。会社だけにいたのではそのようなことを見つける機会は少なくなってしまいます。仕事をしながら成長する機会を見つけるというのは難しいものです。中だるみになってしまう中堅社員にはいい刺激になるのが社員研修です。研修がその後の成長の指針になるでしょう。研修で学んだことを反復練習すれば、仕事にも役に立つことが出てくるはずです。仕事にも生かせるので、研修を受けることは大事なのです。

自分の棚卸と未来予想図

中堅社員は仕事において信頼される立場になっていることが多いです。そのため忙しく、自分のために使える時間が限られてきます。自分について見直す機会は若手の頃よりも少なくなっているでしょう。研修では自分についての棚卸をするいい機会になります。どのようなことをしてきて、どのような方向に進みたいのかを改めて考える機会です。積み重ねてきたキャリアをここで区切って、次のステップに進むための方針を考えるのです。キャリアからそのまま続く道を行くのか、方向転換するのかを考えてみるいい機会になります。研修で教えている講師からアドバイスをもらえることもありますので、迷ったら聞いてみるのもいいでしょう。中堅社員研修を区切りにして、そこから先の未来を描くのもいいのではないでしょうか。