真面目に社員研修を受けさせる方法

義務ではなく自由参加にする

社員に真面目に研修を受けてもらうため、義務ではなく自由参加にするのも良い方法です。会社の指示だから仕方なく参加しているという考えでは、研修を受けるモチベーションも低くなってしまいます。自分から学びたいという気持ちがあれば、研修の内容も身につきやすくなるはずです。参加しなければいけないという義務感をなくすには、自由参加であることを明確に伝える必要があります。研修に参加しないのも、選択肢として前向きに捉えることが大事です。強制参加の研修は労働時間とみなされるため、時間外労働手当などの賃金支給も必ず行わなければなりません。任意の研修は労働時間にカウントされないので、人事のコストも大幅に削減できます。

プログラム内容にバリエーションを出していく

社員研修はプログラムが完成されていて、効率的に教育を行えるのが特徴になっています。日程に余裕がない場合には、短期集中型の研修でカバーしている企業も多いです。短い時間で社員のやる気を引き出すために、プログラム内容にバリエーションを出していく方法もあります。個人の意識を分析し、内面から行動を起こしてもらうのがポイントです。自分なりに目標を持つことで、研修を受ける意味も深く考えられるようになります。集団に向けてではなく、個別の成果を重視したプログラムを企画することが大切です。一人ひとりのモチベーションを高めれば、組織としての業績にもつながっていきます。決して焦らず、しっかりフォローしていきましょう。